海外渡航情報などの雑記ブログ

新館

ベトナム 日本 観光 食事

【リトルハノイ】横浜のベトナム人街 「いちょう団地」に潜入【ベトナム料理が安い】

投稿日:8月 3, 2019 更新日:

知る人ぞ知る、リトルハノイこと横浜のベトナム人街「いちょう団地」に潜入してきましたのでレポートします。

 

概要

「いちょう団地」

一見、何の変哲もない典型的な「昭和」のマンモス団地です。

 

横浜のチベット、泉区の最果てに位置します。

周囲にはのどかな田園風景が広がります。

 

この団地、実は多くのベトナム人が住む団地として知られています。

多くのベトナム人が戦争難民として、このいちょう団地に移住してきたそうです。

 

そのため、いちょう団地にはベトナム料理屋やベトナムカラオケ屋など、ベトナム人のための店が何店舗かあります。

ベトナム系店舗の数だけでいえば、ベトナム人若者の聖地「高田馬場」の方が多いですね。

 

高田馬場がベトナム人の留学生など「若者」が多いイメージに対して、いちょう団地は年配者から小さな子供まで「幅広い年齢層」がいるように感じました。

 

いちょう団地への行き方

鉄道の最寄り駅は小田急の「高座渋谷駅」です。

いちょう団地までは徒歩で15分くらいです。

 

また、いちょう団地の最寄りまで各所からバスが出ています。

「いちょう団地」でグーグルマップで検索するのがいいと思います。

 

 

私は、行きは「戸塚駅」からバスで、帰りは高座渋谷駅から帰りました。

 

戸塚駅→いちょう団地(バス)

戸塚駅から神奈中バスの8番乗り場へ。

61番または64番のバスへ乗ります。

 

途中で、ベトナム人が2人乗ってきました。

リトルベトナムに近づいている証拠です。

 

「台村」というバス停で下車。(その次の「いちょう団地」下車でもいいと思います。)

 

バスを降りたら、そこはもう「リトルベトナム」です。

そこら中からベトナム語が聞こえてきます。

 

(日本では)リーズナブルなベトナム料理屋「タンハー(THANH HA)」

バス停から徒歩2-3分。

プレハブの建物が見えてきます。

 

ベトナム料理屋兼食材屋の「タンハー(THANH HA)」です。

関連ランキング:ベトナム料理 | 高座渋谷駅

 

 

店内へ潜入。

 

店員はベトナム人です。

店内はベトナムなどアジア食材が所狭しと陳列されています。

客はベトナム人と日本人が混在。

 

メニューを確認。

安い!

日本でベトナム料理を提供する飲食店としては、トップクラスの安さかと。

感覚的には普通の日本のベトナム料理屋の3割引きくらい。

さすが、いちょう団地のベトナム人のための店です。

 

バインミー:600円、333:300円。

 

フォー ニュゥー PHO Ngheu (アサリのフォー)700円

 

これもありますw1個200~300円くらいだったと記憶。

 

定番のベトナムインスタントコーヒー。

 

ベトナムの味と雰囲気を満喫。

 

多国籍な表示

食後はいちょう団地を散策。

 

各所に多国籍な表示があります。

ベトナム人の命の次に大切なバイクも、ここでは進入禁止です。

 

ベトナムバーはもはやベトナム

夜になりました。

いちょう団地の一角にスナックが数店舗並んでいるエリアを発見。

 

ベトナム語を発見。

潜入します。

 

店内はもはやベトナムでした

 

完全にベトナム人向けのカラオケバーです。

料金は、安くはなかったです。

 

田んぼの真ん中で爆音ベトナムミュージック

リトルベトナムを満喫し、徒歩で高座渋谷駅まで向かいます。

 

途中、田んぼの暗闇の中から、なにやら重低音の音楽が聞こえてきます。

 

 

・・・、近づいてみると、田んぼのあぜ道に明かりを灯し、集団がたむろしています。

 

なんと、田んぼのど真ん中で、爆音を鳴らしながら宴会をやっています。

さすが、大音量大好きのベトナム人。

 

 

我々に気が付くと、音楽のボリュームを下げました。

どうやら、我々を「警察」と勘違いしたようです。

 

私が片言のベトナム語で話しかけると、宴会に混ざれと言ってきます。

さすが、ベトナム人。

 

5分ほど宴会に参加させていただきました。

おちまい








-ベトナム, 日本, 観光, 食事

Copyright© 新館 , 2020 All Rights Reserved.