海外渡航情報などの雑記ブログ

新館

未分類

各種飛行機のパイロットになる方法

投稿日:5月 15, 2018 更新日:

こんな方におすすめ

  • 年齢的に若くないが、飛行機を操縦してみたい
  • 各種の飛行機のパイロットになる方法を知りたい

 

30過ぎのおっさんの素人の私が、おっさんのために、プロ・アマ含め各種飛行機のパイロットになる方法について調べました。

実現難易度別に必要な費用、時間、免許等をざっくりまとめました。

 

難易度の低い順から紹介します。

 

超小型プロペラ機(操縦体験)

海外であれば、数千円~で操縦可能です。

特に必要な免許等はありません。ただし、超小型機のため、体重制限があったと思います。

フィリピンの飛行場で体験操縦ができます。

ANGELES CITY FLYING CLUB

※実際、2017年に現地へ行き、体験搭乗をしてきました。

操縦も同じ値段だったにもかかわらず、ビビったのか、

なぜか操縦ではなく搭乗を体験してきました。

↓の動画がその時の様子です。撮影下手くそですいません。

 

 

小型プロペラ機(操縦体験)

数万円~で操縦可能です。

特に必要な免許等はありません。

フィリピンやグアムなどの海外のほうが安くできるようです。

別途渡航費はかかりますが。

 

 

・ジェット戦闘機(搭乗体験)

搭乗のみなら数十万程度で体験できるようです。

L-39アルバトロス ジェット機体験飛行

 

 

小型プロペラ機(趣味)

自家用免許が必要です。

免許取得に費用が200~300万円程度、期間が1~2ヶ月程度かかるようです。

海外のほうが安く取得できるようです。

免許取得にはある程度の資質が必要でしょう。

免許取得後は飛行機をレンタルして飛ばすことになると思います。

費用などは未調査です。

 

 

プロペラ機(プロ)

前提として、事業用免許が必要です。

日本で有効な免許取得に費用が1500~2000万円程度、期間が2年程度かかるようです。

海外で取得し日本で書き換えする方法が安いようです。

免許取得には莫大な費用と時間、そして資質が必要です。

しかし、免許をとれば必ず仕事が見つかるというわけではありません。

免許取得後は就職活動→社内訓練→乗務開始という流れでしょうか。

若さと相当の資質が必要です。

 

 

ジェット旅客機(プロ)

詳しいことは調査不足ですが、プロペラ機(プロ)で実績を積み、

各ジェット機の免許を取得という流れです。

若さと相当の資質が必要です。

 

 

ジェット戦闘機(操縦体験)

古い情報のようですが、戦闘機の操縦体験ができる(できた?)ようです。

費用等は不明。

事業用免許が必要とのことです。

 

【参考】

https://4travel.jp/travelogue/10115470

 

 

番外編(フライトシミュレーター)

日本でかなり本格的な大型ジェット機のシミュレーターを体験できるようです。

費用は数万円程度。

https://www.ana.co.jp/travelandlife/feature/original/vol69/

 








-未分類

Copyright© 新館 , 2020 All Rights Reserved.