海外渡航情報などの雑記ブログ

新館

交通

飛行機の搭乗時 列に並ぶ or 並ばない それぞれのメリットデメリット

投稿日:

私は基本的に並ばない派ですが、「有料で席を指定した」場合のみ並ぶようにしています。

理由は、「他人の有料席に図々しく居座ろうとする奴」がごく稀にいるからです。(記事下部、列に並ばないデメリットに体験談あり)

 

列に並ぶ

メリット

早く着席できる

飛行機の中に早く入りたい、着席したい人にとってはメリットです。

 

座席周辺に荷物を収納できる可能性が高い

機内に入るのが早ければ、座席周辺の棚のスペースが空いている可能性が高いです。

飛行中、荷物の出し入れをしたい人や、スムーズに降りたい人にはメリットです。

 

他人を押しのけることなくスムーズに着席できる可能性が高い

通路側以外の席の場合、機内に入るのが遅れると、すでに座っている人を押しのけなければいけない可能性があります。

機内に入るのが早ければ、その可能性が低いです。

 

デメリット

列に並ぶことで体力を消耗する

搭乗開始アナウンス直後にトップバッターで機内に入れるならほとんど並ぶ必要はありませんが、中途半端なタイミングで列に並び始めると、列に並ぶ時間が長くなります。

 

 

機内での滞在時間が長くなる

当然ですが、早く機内に入る=機内での滞在時間が長くなります。

機内での時間を苦痛と感じるなら、デメリットです。

 

列に並ばない(列が少なくなってから並ぶ)

メリット

並んで体力を消耗しない

列が少なくなってから並び始めれば、列に並ぶ時間が少なくなる場合が多く、無駄な体力を消耗せずにすみます。(とはいっても、結局飛行機のドアの前で並ぶことは多い)

 

機内の滞在時間が少なくて済む

当然ですが、機内に入るのが遅い=機内滞在時間が少ないです。

少しでも狭い機内にいる時間を減らしたい人にはメリットです。

 

デメリット

座席周辺の棚に荷物を収納できない可能性がある

機内に遅く入ると、自分の座席周辺の荷物棚がすでに占領されている可能性が高くなります。

その場合は、座席から離れた棚に収納する必要があります。

途中で、荷物の出し入れが必要になったときに面倒なのと、降りるときにスムーズに降りれない可能性があります。

 

着席の際他の乗客を押しのければならない可能性がある ⇒ 揉める可能性

搭乗の列に並ばない最大のデメリットはこれのような気がします。

自分の座席が通路側でない場合、既に他の乗客が座っているとその乗客に一度どいてもらう必要があります。

(自分の座席が通路側でも、自分の座席に他の乗客が座っていることもある)

既に座っている客の行動パターンは以下。

 

①こちらから声をかけなくてもスペースを開けてくれる

②こちらから声をかければスムーズにスペースを開けてくれる

③こちらから声をかければ嫌々ながらもスペースを開ける

④こちらから声をかけても図々しく居座ろうとする

 

①、②の場合は全く問題はありません。

多くの場合はこれに該当すると思います。

 

しかし、残念ながら③、④の行動を取る人がたまにいます。

(民度が低いと思われる国やLCCに多い気がします。)

 

③、④の場合、仮にどいてくれたとしても、その後数時間、その相手の隣にいなければなりません。

かなり気まずいというか、不愉快な気分になるかもしれません。

 

以下は私の④の体験談です。

 

私は追加料金を払い、3列シートの非常口横の窓側の座席を予約していました。

(この席は窓側ではあるが前に席がないため、足を延ばせる。また、隣の客を押しのけることなく途中退席しやすい)

 

私はいつも通り、搭乗口の列には並ばず、列がはけてから搭乗しました。

 

嫌な予感はしましたが、案の定他の客が図々しくも私の席に座っていました。

 

座っていたのは、20代くらいの男女のカップルの男です。

 

当然のことながら、そこが私の席であることを伝えました。

すると、女が「彼は足を怪我しているから、(私の足を延ばせる)席を譲ってくれないか」と言ってきました。

 

確かに男の足は包帯か何かが巻かれて部分的に太くなっているように見えます。

怪我をしていることは嘘ではないようです。

 

 

追加料金を払ってまで確保した座席を譲るか、断固拒否するか。

しかし、拒否した場合、完全に自分が悪者扱いされ、その後数時間のフライトがかなり気まずい感じになるのは必至。

(今思えば、足を延ばせる席を予約しないで図々しく他人の席に座ろうとするカップルがどう考えても悪いので、気まずく感じる必要なし)

かなり迷ったあげく(5秒くらい)、不本意ながら席を譲ることにしました。

 

一応、「自分はその席に追加料金を払っている」旨を伝えたところ、女が「この席に座りたいのか?」と聞いてきました。

一度譲った手前、それを撤回するようなことはしませんでしたが、かなり不愉快です。

残念ながら、相手からその追加料金を支払うという提案はありませんでした。

 

譲る前に追加料金の件は伝えるべきでした。

その後は、そのカップルの図々しさにイラつきながら数時間のフライトを過ごすはめになりました。

ちなみに、男は途中、機内を元気に歩き回っていました。

 

結局、譲っても譲らなくても不愉快な思いをしていたと思うので、断固拒否するか、譲るにしても追加料金は回収するべきでした。

(この席に座りたいならCAと話してくれ、という言い方で断るといいかもしれません)

完全にただのいい人になってしまいました。

 

ということで、その件以降は、図々しい乗客の対策として「座席を予約している場合は搭乗口の列に並び、早めに自分の座席に座る」ようにしています。








-交通

Copyright© 新館 , 2020 All Rights Reserved.