海外渡航情報などの雑記ブログ

新館

web

Adobe Stock 無料期間に解約し忘れで直接電話したら解約料が免除になった話

投稿日:5月 10, 2019 更新日:

Adobe Stock 無料期間に解約し忘れで直接電話したら解約料が免除になった話です。

(2019年1月に解約しました)

 

経緯

Adobe Stockは登録から1ヶ月に限り、無料でクオリティの高めの画像が利用しほうだいです。

無料期間で使い倒し、1ヶ月以内に解約する気満々で登録をしました。

 

 

Adobe Stockに登録していたことなど記憶の彼方になったある日・・・

「ムムッ?」

 

クレジットカードの利用明細を確認していると、見慣れない請求が。

 

 

予定表に「Adobe 解約」と入れていたにもかかわらず、無料期間中に解約し忘れました。

 

 

全く利用しておらず、今後も利用する予定は無いので、アドビのサイトから即解約手続きに入ります。

 

「ムムッ?解約料?」

月間契約ではなく、年間契約だったようです。

残りの契約期間の料金の50%を解約料として請求してきました。

(私の場合、残り10カ月×3,758円÷2=18,790円)

 

「聞いてないよ~」

と思い契約画面を再確認すると、確かに小さく書いてありました。

 

見落としたという落ち度はあります。

しかしながら、解約料について「実際に納得して」契約したわけではないので、納得がいきません。

なんとか免除する方法はないかとネットで検索してみます。

 

すると、「無料期間中にもかかわらず、ウェブサイトから解約しようとしたところ違約金を請求されたが、直接電話したら無料で解約できた」

という内容の記事を発見しました。

※現在はその仕様は改善されているようです。

 

そこで、直接アドビのサポートに電話して、解約することにします。

 

 

無料期間終了後でも解約料が免除になった解約方法

私の場合、結論的には「解約料は免除」で解約できました。

※担当者や交渉方法により、結果は変わると思います。あくまでも参考に。

 

ポイントは以下の2つです。

 

①直接電話で解約を申し込む

ウェブサイトからの解約では問答無用で解約料が発生すると思います。

交渉の余地がある「チャット」または「電話」が良いと思います。

(個人的には、直接声でやりとりができる「電話」のほうが良いと思います)

 

②利用料の返金を求める

私の場合、まず、「全くコンテンツを利用していなかった。」ことを理由に「月間の利用料の返金」を請求しました。

 

サポートの回答は以下、

「通常は解約料が発生するが、それは免除とする。しかしながら、月間の利用料に関しては、お客様都合による解約し忘れなので、返金はしかねる。」

 

強気の条件を提示したことで、「月間の利用料の返金」とまではいきませんでしたが、「解約料の免除」にこぎつけることはできました。








-web

Copyright© 新館 , 2020 All Rights Reserved.